2018年02月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

DVD&CD

2017年04月17日(月)

名探偵コナン~から紅の恋歌


konan.jpg


昨日の夜 「名探偵コナン~から紅の恋歌」を観に行った。

昼間はガキが多いから レイトショーにしたんやけど 日曜の夜だというのに 結構人がおってびっくり!
田舎の映画館なので 指定席じゃなく自由席
だから 入口で並ばなあかん。
娘に並ばせて わたしゃパンフ買いやトイレに。
入場と同時に 後ろの席を確保するためにダッシュ!


見た感想は・・・・・
素直に良かった。
やっぱ 「和」なんがええ。

今回の舞台は 京都&大阪
エンディングで観光名所を観れるのがええね。


以下 ネタバレ

カルタの名門「皐月会」のライバルである「名頃会」
その名頃と会員の紅葉 子弟どっちも初恋の人と結ばれなくてかわいそう
特に名頃
好きだった皐月に殺されて・・・・・・・・・・

この映画のテーマというかキーワードは 百人一首。

もう これだけでワクワクするわ(笑)


平次と和葉 お互い好きなくせに 相変わらず素直じゃない。
まるで 野立と絵里子のよう(笑)
最後 崖から脱出するとき 平次が和葉に「手離したら殺すで~」 和葉「うん」で 私のアドレナリンは全開(笑)
でも 結局 こいつらはいつもどおり進展なしで終わった。(笑)

一方 新一と蘭
帰りの新幹線の中で 蘭が自分が気に入った歌のかるたの写真を撮り新一に贈る。
すると 新一から返ってきた返事のカルタが
「瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ」
これは 流れの速い川が岩にせきとめられ2つに分かれてしまっても いつかまた再びひとつになるという 今は離れ離れでも再び出会い結ばれるという内容の恋歌。

もう たまらん


それより 平次のおかんである服部静華
天海さんにそっくりや~ん

気になる人は 画像検索してみてちょ(笑)





blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
18:06  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017年01月28日(土)

恋妻家宮本

公開初日に見に行ってきた。

ストーリーは 熟年夫婦の離婚危機。

一人息子が結婚して独立して夫婦二人きりになるが ある日突然 夫が 妻が書いた離婚届を発見してしまう。
問い詰めたいけど なかなか妻に聞けない。
この夫・陽平(阿部寛)が 非常にイライラする。
妻・美代子(天海祐希)の気持ちが理解できる。

映画の前半は 優柔不断ではっきりせん陽平を見てて 見てるこっちまでイライラMAX。
途中で 腹たってきて ちょっと眠くなったわ(笑)

だいたい 美代子が「不満はないけど不安はあるの!」って言葉の意味がわからん夫は

ただ単に趣味として料理教室に通ってただけなのに それを「私と別れて自立するため」と勘違いしてまう妻が そもそも原因やろ~
いつか捨てられた時のために 強気?切り札・ジョーカーとして 離婚届を隠し持ってただけやのにな。

夫婦でも 言葉にせんとわからんってことやけど 何でもかんでも言いたいことを言ってたら それはそれでまた揉めるんちゃうん?って思うけど・・・・
まあ 難しいわな。

私がイマイチ理解できんかった部分は・・・・・・
美代子が陽平に「あなたって結婚に向いてないよねえ」って言うけど どの部分をさして?
向いてないって言っといて 捨てられるかも・・・・・・って不安に思ってるって 矛盾してない?
結局 二人ともホンネを言えなくて誤解を招くんやけど ↑の美代子のセリフだと 一方的に陽平が悪いみたいやん。
って まあ実際陽平はイライラするヤツやねんけどな

笑いあり涙あり ホコッとする部分ありで 見終わると何故か幸せな気分になるのは間違いない。

わたしゃ 泣きはせんかったけど ちょっとうるっと来た場面は 中学生の兄妹が おばあちゃんの手を握り締めた場面。
陽平が必死で 「正しさよりも優しさ」ってことを ばあさんに訴えてるシーンな
何故か こんなとこでうるっときた(笑)

それと 妻や夫が相手のことを「おかあさん」「おとうさん」って呼ぶのが多いっていうけど そうかなあ?
それは 子供を通して会話する時だけちゃう?
少なくとも 私んちや私の周りは 旦那が嫁のことを名前で呼んでるのが殆どやけど。
うちなんか 「おかあさん」って呼ばれたことない。
逆に 名前で呼ぶから 娘や甥っ子が一時 私のことを名前で呼んでたくらい。
しかも呼び捨てで(笑)
それはそれで困るんやけどw


それにしても この宮本夫婦 特に旦那さんは(性格が)ダサイけど 見た目は完全に美男美女夫婦。
美代子さんもどこにでもいる主婦
それを天海さんが見事に演じてて良かった。
美人故に 色気漂わせてたけどな。
阿部さんも 見事にダサイ旦那を演じてるので いつもと違う表情とか見れて良かった。
遊川監督 この二人をキャスティングしてくれてありがとう。




ただ この映画 完全に熟年夫婦向きなんで 若い人や独身の人には興味ないやろな(^^;)
若い人や独身の人で見るとしたら 天海ファンや阿部ファンだけちゃう?(^^;)
だから この映画を見た独身の人や若い人の感想を是非聞きたい。


それにしても 天海さんのスッピンは綺麗やった。w

パンフレット
miyamoto2.jpg


クリアファイル
miyamoto1.jpg



キーホルダー
miyamoto3.jpg






blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
20:06  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017年01月21日(土)

本能寺ホテル

先週 雪で交通マヒしてたので行けなかったので 今日行ってきた。
朝起きた時 ちょっと雪積もってたので また名阪ヤバイかな?思ったけど 晴れてきてたので行くことにした。
今日を逃すとしばらく行けんし。


映画「本能寺ホテル」は 綾瀬はるかさんと堤真一さんが主役
タイトルどおり 織田信長に関係する話。

ストーリーは 簡単にいうと
綾瀬さんが演じる繭子が 京都へ来て 泊まったホテルで過去にタイムスリップするって話。
その過去というのが 日本歴史の中で最大の謎の事件と言われている本能寺の変の前日。
映画では この前日と本能寺の変が起こった当日の二日間だけという設定。

ネタバレになるので詳しく書かないが
この映画は本能寺の変の話がメインじゃなく 実は繭子の成長物語
織田信長の成長物語でもあるかな?
映画の中で「できることは何かじゃなくて やりたいことは何か」というセリフがあるんやけど これがメイン。


以下 ネタバレになるので これから見ようという人は注意







本能寺の変の前日にタイムスリップした繭子は 織田信長に 明智光秀に謀反を起こされて殺されてしまうから逃げて!と言う。
信長は一言「わかった」というだけで 実際は逃げなかった。
そう!歴史は変わらなかったのだ。
何故 信長は逃げずに自害したのか・・・・・・
これが 繭子の成長とリンクしている。


映画の中では 綾瀬はるかが現実と戦国時代を何回か行ったり来たりするんやけど その場所がホテルのエレベーター
特に戦国時代から現代に戻ってくる時のエレベーターの中の綾瀬さんの姿が大爆笑もん。
めちゃめちゃおもろい!
これ 綾瀬さんだから余計におもろいんやろな。

現代から戦国時代に行くときは エレベーターの中で金平糖を食べるとロビーに飾ってあった古いオルゴールが鳴り出しタイムスリップができる。
戦国時代から現代に戻るときは ホテルの呼び鈴を鳴らすと帰ってこられる。
こっちの場合は 主人公である繭子の意思とは関係なしに いきなり戻されるもんだから その姿がおもろいねん。

信長が好んで食べた金平糖や 信長が宣教師から貰ったであろうオルゴールを ちゃんと関連づけしてあるのも良い。

繭子の婚約者として平山浩行さんが出てくる。
やっぱ彼 かっこええわ~
ちょっと頼りないねんけどな。

あと MVPは何と言っても 森蘭丸演じる濱田岳さんに決定
綾瀬さんと浜田さんのコンビ 最高だわ。
めちゃ おもろいコンビ。


私が大好きな京都ロケ地がいっぱい出てくるし。
西教寺や湖南アルプスなど どこかで見たような景色も。(笑)
本能寺の門は もう隋心院でお決まりっぽいね。
このロケ地も現代と戦国時代が交互に映し出される。
ラストで 現代の鴨川に織田信長が現れたのにはわろた。

とにかく 見て良かったと思える映画でした。















blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
20:00  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016年10月29日(土)

超高速!参勤交代 リターンズ

やっと わが街で上映されることになったので 早速見に行ってきた。


sankinkoutai.jpg


江戸時代 幕府によって行われた参勤交代。
御存じのとおり 全国の各藩の藩主を定期的に江戸に来させる制度。

前作では 湯長谷藩が無理難題(10日はかかるという行程を4日で来い)を言われたが なんとか4日で江戸に到着。
リターンズは帰り。
つまり往路。

往路は 宿敵である老中・松平信祝になんと2日で帰れと命令されるというストーリー

この悪役・松平信祝演じるメイクが凄い!
デヴィッドボーイ風なのだ!
湯長谷藩藩主である内藤政醇演じる佐々木蔵之介が 死体になった時のゾンビメイクも めちゃおもろい!

基本コメディー時代劇なので 笑う場面はいっぱいある。

なのに 古田新太さんは真面目な役なのが笑える。
橋本じゅんさんも まじめな家老役で出てる。(笑)
この二人の存在こそお笑いやのにね

まだ見てない人は是非!





blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
18:50  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016年04月17日(日)

名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)舞台挨拶

名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)の舞台挨拶を見に六本木ヒルズのTOHOシネマズへ。

始まる前に舞台挨拶。

スペシャルゲストである天海祐希さん 江戸川コナン役の声優・高山みなみさん 毛利蘭役の山崎和佳奈さん 毛利小五郎役の小川力也さん 赤井秀一役の池田秀一さん 安室透役の古谷徹さんが登場。

約20分ぐらい?挨拶があった。
最後に全員で「真実はひとつ!」のポーズをして終了。

天海さんは相変わらず綺麗ででかかった。(笑)
いっちゃん背高かった。
わたしゃ 前から3列目で左サイドの方だったので 登場する時と退場する時 めちゃ至近距離で見れました。

映画の内容は めちゃ良かった。
たぶん 今までに見た中で一番良かったかも。

コナンVS黒ずくめの組織VS「FBI」VS公安警察

とにかく 見どころいっぱい

テーマは「色」だそうだが 謎の記憶喪失の女性が いろんな色に変わってくのが見ものかな。
最後の天海さんのセリフで一気に号泣。

上映が終了すると 会場から拍手が起こってました。
それとほとんどの人が泣いてました。

声優さんたちはもちろんだけど 天海さん あんたはすげえわ!
前半の記憶をなくしてる時のか弱い時の声の色っぽいこと。
天海さんが喋ってるとは思えんかった。(笑)
フラシュバックが起きる時の雄たけびなんか 天海さんと思えん。
天海さんが言ってたように「うっ!」とか「アッ!」とか擬音が多いので難しかったやろな。
でも 完ぺきでした。
声優でもやってけるんちゃうか~~~
転身されても困るけど。

わたしゃ 最後のシーンを見たいから もう一回見に行く予定。






blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
20:01  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT