2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

DVD&CD

2017年04月17日(月)

名探偵コナン~から紅の恋歌


konan.jpg


昨日の夜 「名探偵コナン~から紅の恋歌」を観に行った。

昼間はガキが多いから レイトショーにしたんやけど 日曜の夜だというのに 結構人がおってびっくり!
田舎の映画館なので 指定席じゃなく自由席
だから 入口で並ばなあかん。
娘に並ばせて わたしゃパンフ買いやトイレに。
入場と同時に 後ろの席を確保するためにダッシュ!


見た感想は・・・・・
素直に良かった。
やっぱ 「和」なんがええ。

今回の舞台は 京都&大阪
エンディングで観光名所を観れるのがええね。


以下 ネタバレ

カルタの名門「皐月会」のライバルである「名頃会」
その名頃と会員の紅葉 子弟どっちも初恋の人と結ばれなくてかわいそう
特に名頃
好きだった皐月に殺されて・・・・・・・・・・

この映画のテーマというかキーワードは 百人一首。

もう これだけでワクワクするわ(笑)


平次と和葉 お互い好きなくせに 相変わらず素直じゃない。
まるで 野立と絵里子のよう(笑)
最後 崖から脱出するとき 平次が和葉に「手離したら殺すで~」 和葉「うん」で 私のアドレナリンは全開(笑)
でも 結局 こいつらはいつもどおり進展なしで終わった。(笑)

一方 新一と蘭
帰りの新幹線の中で 蘭が自分が気に入った歌のかるたの写真を撮り新一に贈る。
すると 新一から返ってきた返事のカルタが
「瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ」
これは 流れの速い川が岩にせきとめられ2つに分かれてしまっても いつかまた再びひとつになるという 今は離れ離れでも再び出会い結ばれるという内容の恋歌。

もう たまらん


それより 平次のおかんである服部静華
天海さんにそっくりや~ん

気になる人は 画像検索してみてちょ(笑)





blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
18:06  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017年01月28日(土)

恋妻家宮本

公開初日に見に行ってきた。

ストーリーは 熟年夫婦の離婚危機。

一人息子が結婚して独立して夫婦二人きりになるが ある日突然 夫が 妻が書いた離婚届を発見してしまう。
問い詰めたいけど なかなか妻に聞けない。
この夫・陽平(阿部寛)が 非常にイライラする。
妻・美代子(天海祐希)の気持ちが理解できる。

映画の前半は 優柔不断ではっきりせん陽平を見てて 見てるこっちまでイライラMAX。
途中で 腹たってきて ちょっと眠くなったわ(笑)

だいたい 美代子が「不満はないけど不安はあるの!」って言葉の意味がわからん夫は

ただ単に趣味として料理教室に通ってただけなのに それを「私と別れて自立するため」と勘違いしてまう妻が そもそも原因やろ~
いつか捨てられた時のために 強気?切り札・ジョーカーとして 離婚届を隠し持ってただけやのにな。

夫婦でも 言葉にせんとわからんってことやけど 何でもかんでも言いたいことを言ってたら それはそれでまた揉めるんちゃうん?って思うけど・・・・
まあ 難しいわな。

私がイマイチ理解できんかった部分は・・・・・・
美代子が陽平に「あなたって結婚に向いてないよねえ」って言うけど どの部分をさして?
向いてないって言っといて 捨てられるかも・・・・・・って不安に思ってるって 矛盾してない?
結局 二人ともホンネを言えなくて誤解を招くんやけど ↑の美代子のセリフだと 一方的に陽平が悪いみたいやん。
って まあ実際陽平はイライラするヤツやねんけどな

笑いあり涙あり ホコッとする部分ありで 見終わると何故か幸せな気分になるのは間違いない。

わたしゃ 泣きはせんかったけど ちょっとうるっと来た場面は 中学生の兄妹が おばあちゃんの手を握り締めた場面。
陽平が必死で 「正しさよりも優しさ」ってことを ばあさんに訴えてるシーンな
何故か こんなとこでうるっときた(笑)

それと 妻や夫が相手のことを「おかあさん」「おとうさん」って呼ぶのが多いっていうけど そうかなあ?
それは 子供を通して会話する時だけちゃう?
少なくとも 私んちや私の周りは 旦那が嫁のことを名前で呼んでるのが殆どやけど。
うちなんか 「おかあさん」って呼ばれたことない。
逆に 名前で呼ぶから 娘や甥っ子が一時 私のことを名前で呼んでたくらい。
しかも呼び捨てで(笑)
それはそれで困るんやけどw


それにしても この宮本夫婦 特に旦那さんは(性格が)ダサイけど 見た目は完全に美男美女夫婦。
美代子さんもどこにでもいる主婦
それを天海さんが見事に演じてて良かった。
美人故に 色気漂わせてたけどな。
阿部さんも 見事にダサイ旦那を演じてるので いつもと違う表情とか見れて良かった。
遊川監督 この二人をキャスティングしてくれてありがとう。




ただ この映画 完全に熟年夫婦向きなんで 若い人や独身の人には興味ないやろな(^^;)
若い人や独身の人で見るとしたら 天海ファンや阿部ファンだけちゃう?(^^;)
だから この映画を見た独身の人や若い人の感想を是非聞きたい。


それにしても 天海さんのスッピンは綺麗やった。w

パンフレット
miyamoto2.jpg


クリアファイル
miyamoto1.jpg



キーホルダー
miyamoto3.jpg






blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
20:06  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017年01月21日(土)

本能寺ホテル

先週 雪で交通マヒしてたので行けなかったので 今日行ってきた。
朝起きた時 ちょっと雪積もってたので また名阪ヤバイかな?思ったけど 晴れてきてたので行くことにした。
今日を逃すとしばらく行けんし。


映画「本能寺ホテル」は 綾瀬はるかさんと堤真一さんが主役
タイトルどおり 織田信長に関係する話。

ストーリーは 簡単にいうと
綾瀬さんが演じる繭子が 京都へ来て 泊まったホテルで過去にタイムスリップするって話。
その過去というのが 日本歴史の中で最大の謎の事件と言われている本能寺の変の前日。
映画では この前日と本能寺の変が起こった当日の二日間だけという設定。

ネタバレになるので詳しく書かないが
この映画は本能寺の変の話がメインじゃなく 実は繭子の成長物語
織田信長の成長物語でもあるかな?
映画の中で「できることは何かじゃなくて やりたいことは何か」というセリフがあるんやけど これがメイン。


以下 ネタバレになるので これから見ようという人は注意







本能寺の変の前日にタイムスリップした繭子は 織田信長に 明智光秀に謀反を起こされて殺されてしまうから逃げて!と言う。
信長は一言「わかった」というだけで 実際は逃げなかった。
そう!歴史は変わらなかったのだ。
何故 信長は逃げずに自害したのか・・・・・・
これが 繭子の成長とリンクしている。


映画の中では 綾瀬はるかが現実と戦国時代を何回か行ったり来たりするんやけど その場所がホテルのエレベーター
特に戦国時代から現代に戻ってくる時のエレベーターの中の綾瀬さんの姿が大爆笑もん。
めちゃめちゃおもろい!
これ 綾瀬さんだから余計におもろいんやろな。

現代から戦国時代に行くときは エレベーターの中で金平糖を食べるとロビーに飾ってあった古いオルゴールが鳴り出しタイムスリップができる。
戦国時代から現代に戻るときは ホテルの呼び鈴を鳴らすと帰ってこられる。
こっちの場合は 主人公である繭子の意思とは関係なしに いきなり戻されるもんだから その姿がおもろいねん。

信長が好んで食べた金平糖や 信長が宣教師から貰ったであろうオルゴールを ちゃんと関連づけしてあるのも良い。

繭子の婚約者として平山浩行さんが出てくる。
やっぱ彼 かっこええわ~
ちょっと頼りないねんけどな。

あと MVPは何と言っても 森蘭丸演じる濱田岳さんに決定
綾瀬さんと浜田さんのコンビ 最高だわ。
めちゃ おもろいコンビ。


私が大好きな京都ロケ地がいっぱい出てくるし。
西教寺や湖南アルプスなど どこかで見たような景色も。(笑)
本能寺の門は もう隋心院でお決まりっぽいね。
このロケ地も現代と戦国時代が交互に映し出される。
ラストで 現代の鴨川に織田信長が現れたのにはわろた。

とにかく 見て良かったと思える映画でした。















blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
20:00  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016年10月29日(土)

超高速!参勤交代 リターンズ

やっと わが街で上映されることになったので 早速見に行ってきた。


sankinkoutai.jpg


江戸時代 幕府によって行われた参勤交代。
御存じのとおり 全国の各藩の藩主を定期的に江戸に来させる制度。

前作では 湯長谷藩が無理難題(10日はかかるという行程を4日で来い)を言われたが なんとか4日で江戸に到着。
リターンズは帰り。
つまり往路。

往路は 宿敵である老中・松平信祝になんと2日で帰れと命令されるというストーリー

この悪役・松平信祝演じるメイクが凄い!
デヴィッドボーイ風なのだ!
湯長谷藩藩主である内藤政醇演じる佐々木蔵之介が 死体になった時のゾンビメイクも めちゃおもろい!

基本コメディー時代劇なので 笑う場面はいっぱいある。

なのに 古田新太さんは真面目な役なのが笑える。
橋本じゅんさんも まじめな家老役で出てる。(笑)
この二人の存在こそお笑いやのにね

まだ見てない人は是非!





blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
18:50  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016年04月17日(日)

名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)舞台挨拶

名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)の舞台挨拶を見に六本木ヒルズのTOHOシネマズへ。

始まる前に舞台挨拶。

スペシャルゲストである天海祐希さん 江戸川コナン役の声優・高山みなみさん 毛利蘭役の山崎和佳奈さん 毛利小五郎役の小川力也さん 赤井秀一役の池田秀一さん 安室透役の古谷徹さんが登場。

約20分ぐらい?挨拶があった。
最後に全員で「真実はひとつ!」のポーズをして終了。

天海さんは相変わらず綺麗ででかかった。(笑)
いっちゃん背高かった。
わたしゃ 前から3列目で左サイドの方だったので 登場する時と退場する時 めちゃ至近距離で見れました。

映画の内容は めちゃ良かった。
たぶん 今までに見た中で一番良かったかも。

コナンVS黒ずくめの組織VS「FBI」VS公安警察

とにかく 見どころいっぱい

テーマは「色」だそうだが 謎の記憶喪失の女性が いろんな色に変わってくのが見ものかな。
最後の天海さんのセリフで一気に号泣。

上映が終了すると 会場から拍手が起こってました。
それとほとんどの人が泣いてました。

声優さんたちはもちろんだけど 天海さん あんたはすげえわ!
前半の記憶をなくしてる時のか弱い時の声の色っぽいこと。
天海さんが喋ってるとは思えんかった。(笑)
フラシュバックが起きる時の雄たけびなんか 天海さんと思えん。
天海さんが言ってたように「うっ!」とか「アッ!」とか擬音が多いので難しかったやろな。
でも 完ぺきでした。
声優でもやってけるんちゃうか~~~
転身されても困るけど。

わたしゃ 最後のシーンを見たいから もう一回見に行く予定。






blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
20:01  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015年08月01日(土)

ミニオンズ

今日は1日で映画の日で安いので 「ミニオンズ」を見に行ってきた。
ミニオンは 今回天海祐希さんが声優をやるというので知っただけで それまで全く知らなかった。
当然 私の好きなジャンルじゃないしな。(^^;)

でも 結構おもろかった。
やっぱボブが可愛かった。
でもキャラクターグッズ買うほどでもないな。
マイメロやキティーの方が可愛いに決まってる。
でも ミニオンたちは憎めないキャラだってことは よ~くわかった。

女悪党のスカーレットオーバーキル!
天海さん 嵌り過ぎ!
顔は全然違うけど もう天海さんにしか見えんかった。
ぶっ飛んでる場面が多かったけど これ吹き替えしてる時の天海さんを見てみたい!(笑)
そんな中でも セクシーな声や超可愛い声もあったりして良かった。

残念だったのは マナー悪いガキが数人おって めちゃイライラした。

おもしろい場面だから笑うのは当然。
ヨシとしよう。
でもな ここで笑う?みたいなとこでも 大声で前のめりになって笑ってる。
家でテレビ見てるんちゃうんやで~~~~~~~~
最悪なんは エンドロールの時。
もう終わったんか思ったのか ぺちゃくちゃ喋りまくって 席立って帰る準備しだしたりして とにかくうるさい!
終わった思ったんやったら さっさと出てけ!!!
注意する人がいなかったから たぶんお子たちだけで来てたんやと思う。
もし親がおったら 絶対注意してるはずやし。

そんなこんなで 帰ってきてからもイライラしっぱなし。

映画館さん! お子たちだけの入館は禁止して欲しい!

これから見に行こうと思ってる方!
夜遅くからのレイトショーをおススメします。


minion.jpg





blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ 
22:57  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015年02月21日(土)

娚の一生

チケット買い終わって奈良まで戻り イオンモール高の原で 榮倉奈々さんとトヨエツさんの映画「娚の一生」を見た。

別に2人のファンではないが 地元でロケした映画なので見たかっただけ

感想は トヨエツがエロイ!
この一言につきる。(笑)

物語は 
都会に住んでたが疲れ果てて 祖母の家である田舎に引っ越ししてきた主人公・つぐみ(榮倉奈々)
やがて祖母が亡くなり一人になったつぐみの前に 52歳独身の大学教授・海江田(トヨエツ)が現れ 彼女の家の離れに強引に住む。
最初は 二人の間に距離感があって つぐみは嫌がってたが 徐々に男性に惹かれてくって話。

この男 実は過去につぐみの祖母と付き合ってたらしい。

冒頭で 祖母が男性と 染物を干してある庭で抱き合ってシーンがあるんやけど ラストには ようやく寄り添えてこうと決めたつぐみと海江田が 同じとこで抱き合ってるシーンが印象的やった。
祖母の場合は女性側がかなり年上で 孫であるつぐみの場合は男性側がかなり年上っていうのもおもろい。

とにかく 海江田がエロイけど すっごい的を得てる発言ばっかり。
最初は戸惑うつぐみやけど 次第に生きる勇気をもらい惹かれていく。


予想外に良かった。

話題の足キスシーン。(笑)
あんねん舐めまくったらあかんやろ~(笑)
それより 榮倉さん 足長っ!
で 背高い!
台所の流し台の高さって 基本全国共通やん?
私やと 腰ぐらいやのに 榮倉さんはふともも中半ぐらいの高さやった。
家に帰ってから 流し台の前に立ってみて 比べたっちゅうねん(笑)

それより さらにさらにびっくりしたことが!!

最初に書いた通り 私が住んでる市でロケした映画なので ロケーションの仕事してるいとこがエキストラとして出てた。
たぶん 出てるやろなあ~とは思ってたけど。(笑)
しかも 榮倉さんの親戚役で思い切り身内として参加してた。
トヨエツ演じる海江田の発言で 親戚一同がびっくりする場面やねんけど やっぱ素人やわ。(笑)
いとこのびっくりの仕方が超不自然(爆笑)

よく行く大型店や市役所や病院や知ってる道など 「あ~あこか~」と思いながら見てました。

見終わって家に帰ってきても まだ3時。
朝早かったから 一日がめちゃ長い!
「早起きは三文の徳」と言うけど ホンマそうやわ。
いつもの休みの日だと 朝10時近くまで寝てるので半分くらい損してるな~と思った一日でした。






blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ 
17:57  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014年07月26日(土)

風立ちぬ もののけ姫

今日は出かける予定だったが くそ暑くて外へ出たら溶けそうなんで 大人しく家で過ごすことに。
冷房つけて部屋をギンギンに冷やしてDVD鑑賞

今日はスタジオジブリのアニメを借りてきた。

まず「風立ちぬ」
ユーミンの「ひこうき雲」の印象が強かったし 私が好きなジャンルっぽかったのでめちゃ楽しみにしてたんやけど・・・・
観終わってガッカリした。
2時間返してほしい気分(^^;)

私の読解力不足のせいか・・・・
主人公は単なる飛行機大好き人間なだけやん!
結核に侵された妻は突然去ってくし わけわからん。
結局 何が言いたいんかようわからんかった。

山口百恵さんと三浦友和さんが昔やった映画「風立ちぬ」とリンクされてるけど 映画の方がよっぽどええわ。


それに対して「もののけ姫」のスケールのでかいこと!
「風立ぬ」を観た後やったから余計かな(笑)

森を守ろうとするもののけ一族と もののけの長「シシ神」を殺そうとする人間の壮絶な戦い。

村を襲ったタタリ神に呪いをかけられ 村を去っていく主人公アシタカ。
親に捨てられ?て山犬に育てられたサン(もののけ姫)との出会い 
山を開拓して鉄を作るタタラ民族とその長であるエボシ御前との出会い

ラストは もののけの長である「シシ神」は殺されてまうんやけど 死ぬ間際に森を再生。
エボシ御前もタタラを再建
アシタカとサンは「共に生きよう
と言いながらも サンは「やっぱり人間とは一緒に生きていけない」と森に残る。
テーマが「生きろ!」らしいが まさにそんな感じ。
内容が深いわ~~~~~~~

で 関係ないけど
もののけ姫に出てくる「エボシ御前」
以前からツイッターなどで見かけてたけど 天海祐希さんに見えてしゃあない。(笑)
このエボシ御前って人は
鉄を作るため森を破壊する立場なのだが 差別された女性たちを買い取り「ともに生きよう」と寄り添いみんなから慕われている。
まさに女性リーダー(笑)
なんか顔つきもしょうゆっぽくて天海さんに似てへん?(笑)
もう 天海不足で何でも天海さんに結びつけてまう自分が恥ずかしい。(笑)









blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ 
23:26  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014年07月21日(月)

思い出のマーニー

娘とレイトショーで観てきた。
3連休最後の日でレイトショーなんで 私ら以外に客おらへんのちゃうか~思ったらなんのその 始まる直前にダダーっと入ってきて 予想外に多かった。

最初は なんやこれ 単なるレズ映画ちゃうん?と思った。(^^;)

でも 後半になるにつれて まったくそうじゃないってことがわかって ちょっと恥ずかしかった。(笑)

内容は・・・・・
以下 ネタバレ注意


23:37  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014年03月30日(日)

さよなら渓谷

「さよなら渓谷」のDVDを借りてきた。
アカデミー賞で受賞しまくって話題になってたので どうしても見たかったのだ。
でも ず~~~~~~とレンタル中であいてなかったのだが 今日行ったら1つだけあった!!!
横にいた客にとられんように パッと手を伸ばし確保。
早速帰って観た。

さすが受賞しまくっただけあって見ごたえ充分。
一分たりとも眠くならんかった。(笑)
でも こんな悶々としたり理解できん映画は珍しい。
だから良かったんやろね。

ストーリーは

都会から離れた静かな田舎で尾崎俊介(大西信満)と妻のかなこ(真木よう子)が暮らしてる。
その隣の家で殺人事件がおこるところから始まる。
母親が自分の子供を殺してまうのだ。
母親が逮捕されて一件落着かと思いきや 尾崎が隣の主婦 つまり犯人と不倫関係にあったというタレこみがあり 尾崎は共犯者として逮捕される。
でも実際は不倫なんかしてない。
驚くことに 密告したのが尾崎の妻(入籍はしてない)かなこ。
仲良さそうに暮らしてたのに なんで妻が夫を???

実は15年前に起きたレイプ事件の犯人の一人が尾崎で レイプされた被害者が妻のかなこだったのだ。
何故 被害者と加害者が一緒に暮らしてるのか?ってのが この映画のテーマ。

そのレイプ事件後もかなこは レイプされたってことで男ににげられたり 婚約破棄されたり やっと結婚できたと思えばDV夫で暴力をふるわれ入退院を繰り返していて 不幸続きだった。
将来を悲観し 自殺未遂をしたのち失踪する。

ある日 尾崎とかなこは再会。
逃げるかなこに対して 罪の意識を感じどこまでも追っていく尾崎。
かなこが尾崎に「どうしてもあなたが許せない。私が死んであなたが幸せになるのなら 私は絶対に死なない」と言い切る。

そんな二人が一緒に暮らすことになったのだ。
しかも 理由が「不幸になるために」
かなこは復讐するために尾崎と一緒に住んでいたのだ。
決して幸せになるためじゃないってのが 私には理解できん。
だってエッチまでしてるんやで~~~~
しかも激しいの。(笑)
一緒にいることで ずっと尾崎には罪を感じとってほしいってことなのか?
尾崎もまた 一緒にいることで罪ほろぼしをしてると感じているのか?
んな アホな~~(^_^;)

警察にうその告発をしたかなこだが ある日面会に行く。
でも面会した尾崎は 告発したかなこを責めず 冷蔵庫の中身を心配するだけ。
ここで もし「なんで嘘の証言をしたんだ?」と責めてたら かなこは尾崎をもっと憎んでたんやろな。
偽の証言をしたと警察に言い 尾崎は釈放され家に戻ってくる。
戻ってきても 事件の話はせず何事もなかったように生活していく。

映画のラストには かなこは「さよなら」の一言を残し 尾崎の元を去っていく。
不幸になるために一緒に住んでるのに いつしか愛し始めていたのだ。
幸せになっていくと予感したかなこは去っていくって事なんやろけど 単純な私は「ええや~ん 幸せになってもかまへんやん!」と思ってしまった。
かなこは尾崎を許す自分を許せんかったのかな?
だとしたら すげえ葛藤に悩まされたやろな。
尾崎は 絶対かなこを探しだす!と言ってた。
探しだす理由が かなこを愛してしまったからか 過去の罪ほろぼしなんかはわからん。

あ~~~悶々とする映画や~(笑)
私にはまったく考えられん結末&内容

でも ただ一つ理解できたことは この映画は素晴らしい映画だってこと。








blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ 
19:01  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT