2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

DVD&CD

2011年06月19日(日)

松田聖子 2011コンサート 名古屋レポ

聖子ちゃんの名古屋レポ アップしました。

良かったらどうぞ。

http://www.ict.ne.jp/~emiko/seiko2011nagoya.html

間違ってたらごめんなさい。

出来たら 感想書いてほしいな。




blogram投票ボタン
スポンサーサイト
20:48  |  松田聖子  |  TB(0)  |  コメント(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

レポ早い。感心v-237
やっぱ最初の日本地図のところは,開催地んとこやったんやな。
次は要チェック・・・
エレキギターは怪しいv-13
ダンサーに何回も持ち上げられてて凄いな(^_^;)
あんなに持ち上げられるんやったら太ってられへんわ(笑)
エビフリャーは名古屋だけではもったいないわ。
大阪でも歌って欲しい。
聖子ちゃんにしては珍しく,何回もハウリングあったよな(>_<)
最後の「ありがとう」の合唱は良かった・・・
あんなに号泣した聖子ちゃん始めてやもん。
そりゃ40年になったら40th作るよ(笑)
えつこ |  2011.06.19(日) 21:28 | URL |  【編集】

★えつこさん
忘れんうちに書いとかんとな。i-278

聖子ちゃんのコンサートに参加する男性ダンサーは大変よな。(^_^;)
聖子ちゃんは40キロくらいしかないやろからええけど。

あの号泣 昨日から気になってしゃあない。
今日も泣いたらしいし・・・
どしたんやろなあ?
歳食って 涙もろくなったか?
Emiko |  2011.06.19(日) 21:40 | URL |  【編集】

●レポありがとう

幻想的な瑠璃色の地球見たいな。
明菜さんの瑠璃色も幻想的な感じしたけど似たような感じ?

下半身に視線が集中してたって爆笑しました
Emikoさんだけかと(笑)

震災のこともあり号泣したのかな。
ホント聖子ちゃんには長生きしてこれからも歌で励ましてほしいなと思う
貴重な存在だよね
優月 |  2011.06.20(月) 00:11 | URL |  【編集】

★優月さん
瑠璃色の地球 明菜ちゃんもええねんけど
やっぱ陰って感じで暗いかな(^_^;)
この歌に関しては 断然聖子ちゃんの方がええわ。

絶対 優月さんも下半身に集中するって(爆笑)
Emiko |  2011.06.20(月) 07:16 | URL |  【編集】

うんうん、瑠璃色の地球は聖子に一票!
ヒットメドレー、確かに飽きるわ(行ったことないけど)Precious Heartあたり唄えよ~(笑)
号泣はやっぱり大震災あっても無事ツアーできて
感激したんじゃないの?
もしくはさやかちゃんが身ごもったとか・・・

7月のCONPLEXコンサート行きたいなぁー。
DVDでたら買いそう(笑)
みんさん |  2011.06.21(火) 23:34 | URL |  【編集】

★みんさん
聖子ちゃんの瑠璃色の地球は明るいねん 一方明菜ちゃんのは暗いねん(^_^;)
やっぱ震災があったから 号泣したんかの~~~
涙もろくなった年齢のせいでもある思う。(^_^;)

COMPLEX わしも見たいわ~~
けど もうスケジュールいっぱい ワシの!(笑)
Emiko |  2011.06.22(水) 07:18 | URL |  【編集】

●涙が気になる、、、、

こんにちは。
コメントのお返事(ありがとうございます!)を読み、レポートに気づきました。行けなかった分、かなり想像しながら読ませて頂きました。涙は被災地を思ってかな、、、、。えびふりゃあ♪は是非CDに(~▽~@)♪♪♪
まりすけ |  2011.07.30(土) 17:21 | URL |  【編集】

★まりすけさん
こちらこそ読んでくださってありがとうございます。
書いた甲斐あったわi-234

名古屋での涙は やっぱ被災者の方たちを思ってからなのかな?
地方一発目が名古屋だったってのもあるやろし。
Emiko |  2011.07.30(土) 17:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://flawlessemiko.blog72.fc2.com/tb.php/281-20cf2cf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |