2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

DVD&CD

2014年07月21日(月)

思い出のマーニー

娘とレイトショーで観てきた。
3連休最後の日でレイトショーなんで 私ら以外に客おらへんのちゃうか~思ったらなんのその 始まる直前にダダーっと入ってきて 予想外に多かった。

最初は なんやこれ 単なるレズ映画ちゃうん?と思った。(^^;)

でも 後半になるにつれて まったくそうじゃないってことがわかって ちょっと恥ずかしかった。(笑)

内容は・・・・・
以下 ネタバレ注意


【More・・・】

簡単に言うとな
精神的にまいってる孫を亡くなったばあちゃん(マーニー)が幻となって助けるってこと。
そのばあちゃんも 金持ちのええとこのお嬢様として育ったけど 実は寂しい人生やったってことで 未来の孫(杏奈)が現れることによってそうじゃなくなり 結局お互いがお互いを助けるってパターン。

心を閉ざした少女・杏奈が 青い窓に閉じ込められた少女・マーニーと出会うことによって 心が開かれていき打ち解けてくって内容。
杏奈が「この世には目に見えない魔法がある。輪には内と外があって 私は外側の人間」って自分のことを思ってる。
それを徐々に内側を広げていくって映画。
幼い頃に体験した怖さは大きくなってもそう簡単には拭えない。

突然 杏奈の前に現れたマーニーは一体なにもん?
ストーリー上 あきらかにこの世の人でないことはわかる。
私もただ単に幽霊or幻やろ~と思った。
でも そんな単純なことじゃなかった。

最後は予想外の展開やった。
まさかマーニーがって感じ。
事故で亡くなった両親の葬式で抱えてた人形見て ああそうやたんか~~~と。
それまで「おばちゃん」って呼んでた義理の母のことを「お母さん」って紹介した時は ちょっとうるっときた。


主人公二人はちょっと置いといて・・・・・
杏奈が療養するために預けられた大岩夫婦と湿地屋敷に引っ越してきた やがて杏奈の友達になる彩香の存在が大きかったよな。

で 声やねんけど・・・・
杏奈の義理のお母さんが 松嶋菜々子さん
湿地屋敷の絵をずっと描き続けてる絵描きのおばさんが 黒木瞳さん
この2人が喋るたびに 松嶋さんと黒木さんの顔がチラチラ(笑)
大物女優さんとかが声優やるとこうなるわな。

以前 天海祐希さんがやった「崖の上のポニョ」の時は 普段天海さんでは滅多に聴かれない穏やかでセクシーな声だったので あまり天海さんって感じせんかった。(笑)
天海さんには失礼やけど

私が好きなジャンルの「借りぐらしのアリエッティ」とよく似た雰囲気やと聞いてたので見に行ったけど 似てるようで似てなかった。
絵の雰囲気とかは似てるけど こっちの方がスケールが大きかったかな。





blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト
23:37  |  映画  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://flawlessemiko.blog72.fc2.com/tb.php/557-b1eff3ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |